Home » お知らせ » 【事業報告】7月例会 キャンドルイベント ありがとうの日2017~描いた夢を未来へとつなげる灯り~

【事業報告】7月例会 キャンドルイベント ありがとうの日2017~描いた夢を未来へとつなげる灯り~

日付:2017.7.18 投稿者:sakamoto.k

7月16日、10年前のこの日に新潟県中越地方沖を震源とする地震がありました。震災直後は、かけがえのないものをたくさん失い、途方に暮れる毎日でした。その中、全国の皆様の多大なるご支援をいただき、ここまで復興し、また当たり前の生活を送ることが出来ています。震災の翌年からは、毎年この日になると、追悼式や復興イベントなどが行われます。今年は中越沖地震から10年がたったということで、我々柏崎青年会議所では10周年復興記念イベントを柏崎市文化会館アルフォーレにて「キャンドルイベント ありがとうの日2017~描いた夢を未来へとつなげる灯り~」を開催致しました。

朝早くから柏崎青年会議所メンバーは集まり5000個のキャンドルとモザイクアートの準備、設営を行いました。

日が暮れるにつれ、キャンドルの灯りがハッキリとわかるようになってきます。

   

辺りは暗くなり、19:00から点灯式が行われました。黙祷をささげ、ご来賓から柏崎市長 櫻井雅浩様 、刈羽村長 品田宏夫様 、 柏崎商工会議所 会頭 西川正男様 からご挨拶をいただきました。

   

その後、柏崎刈羽地域の皆様のご協力により完成することができた、巨大えちゴンアートの披露!柏崎出身10歳のシンガーソングライターのCocoさんとHIROTOさんの生歌演奏。会場は感動に包まれました。中には涙する人も・・・

   

最後に今回この事業の担当である、60周年記念事業実行委員会 委員長 小野和也君より挨拶がありました。この日を迎えるまでたくさんの苦労がありましたが、とても大きな素晴らしい事業になりました。担当委員会の皆さん、小野委員長本当にお疲れ様でした。そして「ありがとう」。

当日会場にはたくさんの地域の皆様に来ていただけました。5000個のキャンドルとモザイクアートは地域の皆様のご協力があって完成できた作品となりました。ご協力いただきました、各事業所様、学校関係者の皆様、そして柏崎刈羽地域の皆様本当にありがとうございました。この日を迎えられた事を忘れず、感謝をし、これからの生活を送って行こうと思います。

 

|閲覧数 295
このページの先頭へ戻る