Home » メンバーブログ » ブログの輪 » 第2回前期新入会員育成勉強会in岬ひとひら

第2回前期新入会員育成勉強会in岬ひとひら

日付:2014.5.22 投稿者:iida.y

お疲れ様です!アカデミー委員会飯田です。

5月16日に岬ひとひらで行われた前期第2回勉強会をレポートさせて頂きます。

私、飯田も 前回の勉強会から3ヵ月という期間が経つ中で青年会議所活動、地域、仕事、家庭とどう関わっていくか模索している中での勉強会となりました。

まずはじめに新入会員育成を踏まえ、新入会員を主体としたセレモニーを実施しました。(後の監事講評では「元気いっぱいで◎」と植木監事にお褒めの言葉をいただきました♪)

セレモニー終了後、秋山理事長の挨拶では「歌代先輩の貴重なご講話をしっかりと聴き、多くを吸収し、明日からの青年会議所活動の取組み方や各人の成長に繋げて頂きたい。」と新入会員への熱い期待の想いを語っていただきました。

秋山理事長による挨拶

 

次に荒川委員長より趣旨説明がありました。まずは講師の方の経歴紹介。                                                今回は育成勉強会の講師として歌代朋也先輩をお招きしました。歌代先輩は2004年入会、2006年・2007年と副委員長、2008年委員長、2009年事務局長、2010年副理事長兼室長、2011年理事長、2012年直前理事長と、入会から数多くの役職を歴任された大先輩です。「経験豊富な歌代先輩から貴重なお話をお聞きできる、またとない貴重な機会だと思います。新入会員の皆様には今回の勉強会で多くを吸収し、今後の柏崎青年会議所を引っ張って行く存在になっていただきたい。」と今回の勉強会に懸ける熱い思いを語っていただきました。

荒川委員長による趣旨説明

 

歌代先輩には、ご自身がJCとともに歩んできた軌跡をお話し頂きました。その中でJCの魅力、長が付く役職の魅力、         原子力発電所と柏崎青年会議所の関わりについて等々、ご自身の経験・体験談を新入会員の皆様に解り易く、熱く語っていただきました。JCの意義や経験談をお話頂いたことは我々にとって、自身の認識不足の確認や、成長するうえでの潤滑油となることに間違いありません。お話の中でいくつかの「気づき」を発見した皆さんも多いのではないでしょうか。

歌代先輩による講演               歌代先輩との質疑応答

今回主役である新入会員の皆様はじめ、現役メンバーの皆様も今回の勉強会を生活・職場・地域において、            『如何に活かすか』(ダジャレではありません) が大事なことで、何より貴重な経験値を我々に与えてくださった歌代先輩への礼儀だと思っております。

最後に山崎室長より謝辞を述べていただき、第一部は閉会しました。

第一部終了の後、会場を移動し第二部に移りました。私、飯田は膝を突き合わすことでより相手の話を聞けると思っておりますし、いいお話を聞いた後はいい食事・いいお酒をいただくことが肝要かと思っております。今回の勉強会での歌代先輩のご講話を自身の中で消化・吸収し、今後の青年会議所活動の『しるべ』としていきましょう!

 

第二部におけるメンバーの歓談の様子

 

最後になりましたが、ご多忙の折ご講和頂いた歌代先輩を始め、参加されたメンバーの皆様ありがとうございました。

 

 

 

|閲覧数 1,029
このページの先頭へ戻る