Home » メンバーブログ » ブログの輪 » 職業講話2014~柏崎翔洋中等教育学校編2回目~

職業講話2014~柏崎翔洋中等教育学校編2回目~

日付:2014.7.16 投稿者:nakamura.t

お疲れ様です、青少年育成委員会の中村です。

色々な事業、活動が大盛り上がりの7月ですが、先月から始まっている職業講和も前半戦のクライマックスに入りました。

本日、柏﨑翔洋中等教育学校の2回目の職業講和です。

前回はマナー講和でした。

詳しくはこちらをご確認ください。

今回は職業講和ということでこちらのお二方におねがいしました。

社会開発・教育研究室室長として青少年育成委員会のご意見番の山田大介君そして、北陸信越地区協議会監査担当役員として出向もしている植木盛久君の当柏崎青年会議所の「生きるレジェンド」のお二人が講師役です。

※この人選は6月公開例会でお世話になった田中哲也教頭先生の教え子というご縁もあり実現しました。

なかなか聞けない職業講和、意味もなく、中村も緊張しておりました。

 

先行は山田大介君です。

職場体験を2週間後に控える生徒たちに会社が求める人材(「人財」「人材」「人在」「人罪」)がどんな人かをお話していただきました。

そして、「リーダーになりなさい」と自分で考え、行動できる人になってほしいとエールを送り締めていただきました。

続きまして、植木盛久君です。

事前に生徒の皆さんから集めた質問事項を元に「なぜ働くのか?」「学生と社会人の違いとは?」「社会で働くために必要な資格について」、自分の辿ってきた道を話してもらいました。

また、職場体験でははたく人たちが何を考え、何を思い、仕事をしているかをしっかり学んできてほしいと伝えていただきました。

最後は生徒代表からのお礼の言葉をいただき、終了となりました。

生徒の皆さん、職場体験では学校では学べない多くの事を学んできてください。

職業講和の機会をいただいた学校の皆さん、ありがとうございました。

そして、職業講和をしていただいた講師の皆さん、ありがとうございました。

話す人、聞く人にとって実りのある時間になったのではないかと思っています。

|閲覧数 1,402
このページの先頭へ戻る