Home » メンバーブログ » ブログの輪 » お仕事体験教室~着物屋さん編~

お仕事体験教室~着物屋さん編~

日付:2014.7.22 投稿者:nakamura.t

青少年育成員会の中村です。

8月23日開催の「将来の夢を見つけよう!かしわざき子どもお仕事体験教室」、本日、ご紹介するのは日本の伝統を受け継ぐ着物屋さんです。

夏祭り、花火大会とこれからはゆかた、甚平等を着る機会が増えてきます。

せっかくの機会なので、きもの屋さんのお仕事を体験しながら、「ゆかた」のたたみ方を体験してもらいます。

和服は洋服と異なり、糸を直線で縫っています。ちゃんとしたたたみ方をすると和服は「しわ」ができません。

また、糸をほどくと、仕立て直せるというリユース、そして、最終的には布団の布としてもリサイクルできる、環境にとても優しい商品なのです。

そのためにはちゃんとしたたたみ方を知らなければなりません。

今回はそのたたみ方を体験していただきます。

たたみ方にも「じゅばんたたみ」「やぎたたみ」「そでたたみ」など種類がありますが、今回体験するのは「ほんたたみ」です。

今回、参加していただく、花田屋さんにて見本をみせていただきました。

↑ゆかたをひろげてたたみます。

↑たたみ中。。。

↑たたみ中。。。

きものを帖紙(「たとうし」と読みます、和紙です)におさめます。

これで完成です。

夏に使ったゆかたを大切にしまうお手伝いにもなります。

着物屋さんのお仕事を体験してください。

|閲覧数 1,173
このページの先頭へ戻る