Home » メンバーブログ » ブログの輪 » 枇杷島小学校の親子活動を視察に行ってきました

枇杷島小学校の親子活動を視察に行ってきました

日付:2014.9.17 投稿者:nakamura.t

お疲れ様です。青少年育成委員会の中村です。

8月事業にはみなさん、ご協力ありがとうございました。

皆さんの協力のおかげで無事に終了することができました。

その8月事業が形を変えて柏崎で行われることになりました。

9月12日(金)に枇杷島小学校にて「親子活動 職人さんから受け継がれる心と技を教わろう」と6年生の授業に視察に行ってきました。

8月事業に参加していただいた枇杷島小学校(当日は6年生全員参加していただきました)にて職人さんから技術を教わる親子活動を企画されたとのことです。

当柏崎青年会議所からも1名講師として参加されました。

その人は、今年の卒業生にして柏崎青年会議所のレジェンドの1人、間嶋忠司君です。石材職人として参加です。

最初は職業講話です。

会社のこと、仕事内容、技能士とは、技能五輪(技能士のオリンピック)について、仕事について(喜びや苦労話)、そして子ども達に「手に職を持つ技術を持った職人になってほしい」とエールを送りました。

つづきましては職業体験です。

8月事業でも大人気だった表札つくり、石の研磨作業体験です。

子ども達も真剣です。

他にも青年会議所OBであられる、和菓子職人として吉田先輩、フラワーアレンジメントで横村先輩、そして、板金工業組合さんも子ども達に職人の面白さを伝えられていました。

また、学校内には8月事業に参加した内容が張り出されていました。

(すごくうれしかったです。)

青年会議所の職業体験事業がこのように形を変えて、学校に広がってくれてよかったです。

2014年度青少年育成委員会、まだ活動が残っております。

明日は南中学校で職業講話があります。

講話者は職業講話の女王にアンコール出演、次年度の理事予定者からの出演が決定しています。

乞うご期待ください。

|閲覧数 963
このページの先頭へ戻る