Home » "メンバーブログ" (固定ページ 10)

中越沖地震より8年・・・

日付:2015.7.17 投稿者:tanaka.y

 

もう中越沖地震から8年もたったんですね。

昨日からテレビや新聞などで中越沖地震の事を改めて思い出す機会をたくさんいただき、

当時の事をまるで昨日のことのように思い出せてしまっています。

 

8年も前の事になると、まだ青年会議所に入会していないメンバーも多くおりますので、

当時の実情を少しだけ書かせていただきますが、

柏崎青年会議所といたしましては、柏崎全15海水浴場での海岸清掃活動を通じて

「海のまち柏崎」という意識を市民全体の共有できるものにするための活動を行ったり、

青森から芸術家に来ていただき、中央海岸にポセイドンの砂像を作成し、

多くの方から海に関心を持ってもらう事業を行ったりするなかで、私も砂像の作成に尽力したのを覚えています。

また、柏崎青年会議所の50周年という節目の年に当たり、8月4日に大きな事業を

控えている中で、必死に皆が準備を進めていたと聞いています。

 

そんな中で中越沖地震は起こりました。

一瞬の事でした。8年前の7月16日は月曜日の祝日だったのですが、

繁忙期ということもあり、私は現場に出ておりました。

10時16分、何が起きたかもわからないくらいの地震が来ました。

周囲を見渡すと、倉庫が倒壊していたり、道路はひび割れていました。

会社や自宅には電話がつながりませんでした。

 

目の前の仕事をとりあえずのところまで仕上げて

急いでで会社に戻ろうとする中でも、通れない道路や渋滞で戻るまでに

どれくらい時間がかかったか。非常に長く感じたのは覚えています。

 

会社に戻ると、会社もめちゃくちゃになっていましたが、

まずは、お客様を回ってくるようにとの指示を社長より受けました。

必死でいろいろ回っていましたが、当社の関係者には住宅に被害はあっても

人的な被害がなかったことが不幸中の幸いです。

 

青年会議所の話にもどしますが、のちに聞いた話で、この時点ですでに

新潟ブロック協議会の目黒会長が柏崎に来てくれていたそうです。地震発生から3時間後くらいです。

社会福祉協議会にあつまり、ボランティアの計画を練ってくれていたそうです。

地元の青年会議所メンバーは皆被災者で、ボランティアに動けるのは柏崎市外のメンバーだと考えての行動でしょう。

 

当時の矢島理事長も被災者であり、愕然としながら

これからどうしら良いのかわからないなかで、社会福祉協議会に呼び出されて

行ってみたらなぜか月に一回会員会議所という場で顔を合わせている仲間たちが

集まってきてくれていて、「なんでこの人たちはここにいるんだろう?」と思ったのが正直な

気持ちだったということを8月例会の中で聞いております。

 

その後は新潟県内だけでなく、全国各地の青年会議所のメンバーに

支えていただきました。人的なボランティアはもちろんのこと、多くの募金も集めていただきました。

青年会議所だけで1000万円を超える募金をいただき、そのお金を大事に使わせていただくことで

全国の皆さまへの感謝の気持ちをつたえると同時に、

震災の悲惨さを風化させないための事業も開催させていただく事ができました。

 

そして、当時のその思いを皆に伝えることができているのかと自問自答しています。

青年会議所は、その年度の新しい問題点を改善するためにチャレンジする団体でありながらも、

先輩方の想いは継承し続けなくてはならない。そのように考えながら日々を過ごしています。

 

震災を忘れてはいけない。伝え続けなくてはならない。風化させてはならない。

当時全国から受けた恩恵を皆に伝えなくてはならない。ボランティアに大勢が来てくれたことを

忘れてはならない。またいつか、どこかで災害は起きる。その時は各々ができる限りの協力をしよう。

 

今私にできることというのは、感謝の気持ちを持ち続けることしかできません。

今の私たちの生活があるのは、新潟県内の皆様、日本全国の皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

毎年7月16日にこの気持ちを改めて感じ続けていきます。

|閲覧数 922

柏崎市立第三中学校職業講話

日付:2015.7.14 投稿者:yasuno.h

ひとづくり委員会安野です。

ここのところ職業講話が連日続いております。中学生も夏休み前の駆け込みといったところでしょうか!

私の経験上、こんなにも沢山の中学校に行くことはありませんでした。ひとつひとつの中学校を楽しみながら参加しております。

さて、今回は柏崎市立第三中学校です。今回は赤堀さん、植木さん、上森さんに講話をお願いしました。皆さん、この第三中学校の卒業生ということもあり三年間通った学び舎へ久々に行っていただきました。

慣れ親しんだ母校で思い出を振り返っていただけたのではないでしょうか。もちろんしっかりと講話もやってまいりました。生徒達も講師が卒業生ということで緊張もほぐれ多くの質問が飛び交う時間となりました!

|閲覧数 689

サマーチャレンジボランティア2015事前研修会のご案内

日付:2015.7.14 投稿者:kishi.t
こんにちわ。地域活性化委員会委員長の岸です。 暑いですね、7月の中盤この暑さに慣れて早く夏を楽しみたいと思っておりますが・・・現実はそう甘くありません。走ることから逃げたくなる今日この頃・・・。
さて!気を取り直してこの暑さを吹っ飛ばすための皆さまがお待ちかねの!?
社会福祉法人 柏崎市社会福祉協議会 柏崎ボランティアセンター様主催の
サマーチャレンジボランティア事前研修会についてのご案内をさせていただきます。
        記 
7月16日(木)19時~21時
7月18日(土)10時~12時
にて豊町柏崎総合福祉センターを会場に、今年の夏ボランティアを参加される方を対象とした、『事前研修会』を行います。
内容は両日とも一緒で

『ボランティア活動の基礎講話』

『レクリエーションを体験しよう』

サマーチャレンジボランティア2015概要説明

・活動メニュー紹介

・メニューの追加・変更について

・申込みからの流れや注意事項の説明

24時間TVチャリティ募金活動について

等のボランティアを始めたいけど不安を感じている皆さまにとってボランティアを10倍楽しむ秘訣を伝授する内容となっております。

さらにさらに、この度社会福祉協議会様のご厚意により(一社)柏崎青年会議所で行います8月23日 【かしわざき子どもお仕事体験教室~地域の絆を繋げよう~】の説明も行わさせていただくこととなりました!

子どもが大好きな方、地域のために活動してみたい方、高齢者、お年寄りのお世話に興味がおありの方。

このサマーチャレンジボランティア2015事前研修会にお越しになって、ボランティアを通じて様々な可能性を感じてみませんか??

 

|閲覧数 712

新潟県立柏崎翔洋中等教育学校職業講話

日付:2015.7.13 投稿者:yasuno.h

ひとづくり委員会安野です。

柏崎市内の中学校では7月下旬より職業体験というものが授業の一環で行われています。

職業体験を行う前に働くことについて学ぶ授業をするのですが、例年柏崎青年会議所ではその授業のお手伝いをさせていただいております。

今回は新潟県立柏崎翔洋中等教育学校で職業講話をしてまいりました。

今回、参加される方は岡田副理事長と徳増君です。お二人とも県外のご出身ということでご自身の生まれ育った街の話や大学での思い出などを加えながら講話をしていただきました。いろいろな土地に行き、いろいろな方々と会ってきたお二人の経験値は流石の一言です!中学生への講話ではありましたが、私も思わず聞き入ってしまうこともしばしばでした!

|閲覧数 664

最近の出来事

日付:2015.7.12 投稿者:tanaka.y

金曜日は公益社団法人日本青年会議所北陸信越地区協議会の

会議に参加させていただきました。当会のメンバーからも少しずつお金を集めて行っている会であり、

そのお金の流れを確認するために、会議に参加し、予算の審議を行ってまいりました。

 

 

 

翌、土曜日は北陸信越地区協議会の開催する「地区フォーラム」が開催されました。

メインの講師を務められるのは柏崎青年会議所の2月例会でも講演いただきました

木村俊昭先生で、久しぶりに講演を拝聴させていただきましたが、胸に残るお言葉をいただきました。

 

 

 

また、トークセッションでは新潟県見附市出身の今井美穂さんからもご出演いただき、

「リリー&マリー」という、女性を中心とした様々な活動を行いっているお話を聞き、

始まりは数名だったのが5年がたち、現在は約80名での活動をしており、その内容も素晴らしいものばかりでした。

当会としても、さらに地元のための活動を行っていきたいと感じる地区フォーラムとなりました。

 

 

 

 

 

交流会では地元文化の発表があり、伝統を引き継いでいることの重要性をみさせていただき、

柏崎では民謡や綾子舞などを引き継いでいくことも今後の柏崎に非常に重要であることを再確認いたしました。

さらには本年度JCIの会頭である、トルコのイスマイル・ハズネダー君も交流会でご挨拶をいただき、

今後行われる世界会議の成功に少しでも力になれればと思うひと時でした。

 

そして本日はぎおん柏崎祭の例大祭ということで八坂神社様にお邪魔させていただきました。

神事ということもあり、あまりなれてはおりませんでしたが、今年のぎおん柏崎祭の大成功を願っているのは

関係各位の皆さま共通の願いであり、お祭りの大成功はもちろんの事、大きな事故やトラブルなく

皆様が楽しめるお祭りに終始することを願っています。

|閲覧数 819

瑞穂中学校職業講話へ行ってきました。

日付:2015.7.12 投稿者:yasuno.h

ひとづくり委員会安野です。先日、柏崎市立瑞穂中学校の生徒達に向けて職業のお話しをしてまいりました。

今回は柏崎青年会議所メンバーだけではなく、柏崎市内でご活躍されている樹木医や和菓子職人さんも参加していただきました。

通常はメンバーだけで学校に伺うことが多いのですが今回は手法を変えて異業種の方々と学校のなかで交流をすることができました。

生徒の皆様からも様々な職業のお話しが聞けたということで満足していただけたようです。

職業のお話しに集中してしまったため皆さんの講話を行っている部屋にお伺い出来ませんでしたが終了後に講師と勝沼先生で記念撮影をしてきました。

平日に地元企業の方に参加していただくということは思った以上に大変なことです。今回の為にいろいろと動き回っていただいた勝沼先生に感謝です!

|閲覧数 518

経営フォーラム様の例会に参加させていただきました

日付:2015.7.10 投稿者:tanaka.y

 

昨日は経営フォーラム様の例会に参加させていただきました。

「決算書のミカタ」というタイトルで開催されましたが、

非常に勉強になる会であり、自社の会社の状況を改めて確認させていただきました。

 

 

ちなみに上記の右側のは参考の決算書の資料です。

3期分の決算書を確認しながらこれまでの流れと今後の予想をするなどしながら

それを自社の決算書に置き換えて今後自社を伸ばすためにどうすればよいのかを考えさせていただきました。

会長のあいさつでは青年会議所の先輩でもある横村会長のご挨拶です。

尊敬する方の挨拶は胸に響き、会は違えど柏崎を良くしたいと願う気持ちは

同じなんだなと再認識させていただきました。

本当に学ぶことが多く、今後も多くの仲間と共に参加させていただければ

ありがたいと感じる内容に感服です。

 

そして本日は青年会議所の正副理事長会議を行いました。

柏崎青年会議所の事業を市内全域の皆さまにお伝えするための広報誌を

皆でより良くするために意見を出し合ったり、

10月に行われるビジネスプランコンペディションの内容を精査したりなど、

他にも様々ありますが、今日の会議を経て、すべての事業がより良い方向に向かうことを願っています。

 

今後も私たちの活動だけでなく、すべての団体の活動が柏崎刈羽の発展につながることを切に願います。

ご一読いただきありがとうございました。

|閲覧数 694

 もっとモテたい男達へ!!

日付:2015.7.07 投稿者:kishi.t

こんにちわ。地域活性化委員会 委員長の岸です。

7月10日㈮は縁待コン実行委員会様 主催 新潟お笑い集団 NAMARA 江口 歩さんによる【もっとモテたい男達へ!!】と題した草食男子向けの特別講座がございます。

女性が苦手・・・何を話せばいいのか、付き合ったことがないからわからない・・そんな男性の為にこの講座をきっかけに勇気をいただけるのではないでしょうか。

既婚者未婚者問いません。

締め切りは7月4日㈯となってはおりますが、7月9日㈭まで受付できます。

チラシを参照の上お申し込みください。

講演終了後講師を囲んでの講演会もご用意してあります。(懇親会費は別途必要です。)

詳しいお問い合わせは 縁待コン実行委員会様(担当:矢川様)まで

TEL 0257-21-3884

|閲覧数 520

まちしるべメンテナンス エネルギー教育委員会

日付:2015.7.06 投稿者:shinada.t

エネルギー教育委員会 品田です。

7月例会に参加して頂いたメンバーの皆様、ありがとうございました。

例会準備で忘れていたまちしるべメンテナンスの作業報告です。
エネルギー教育委員会の担当は北条方面の3基の担当です。

どの場所も初めて行くところばかりで、優秀な赤堀ナビを頼りにやっとたどり着きました。
ぜひ、皆さんもこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか? 

No.6 弘法大師の塩水井戸 【西長鳥 岩ノ入踏切下】

          

No.22 米山検校 【JA柏崎長鳥事務所わき】

          

No.30 秀快上人(しゅうかいしょうにん)の即身仏 【西長鳥真珠院地内】

          

以上、まちしるべメンテナス エネルギー教育委員会作業報告でした。

 

 

 

 

 

 

 

 


|閲覧数 549

7月例会

日付:2015.7.06 投稿者:tanaka.y

先日は当会の7月例会でした。

「エネルギー教育委員会」が主導となって開催した事業で、

エネルギーの大切さを伝えるための事業として開催しました。

 

第1部は勉強会として身近にある電気で動くものについて考える中で、

普段の電気の大切さを改めて考えていただきました。

 

第2部はソーラーカーキットを使って、組み立てる作業からだったのですが、

皆が楽しそうに作成している姿を見ながら、私も一台作成させていただきました。

 

 

出来上がりはこんな感じです。

平らな場所では太陽光、15度以上になると電池で動くハイブリッドカーです。

角度がつくと、上部の太陽マークが電池マークに変わります。早速試験走行をしてみました。

普段外でハイブリッドカーが走っていても見分けはつきませんが、

このハイブリッドカーは太陽光で動いているのか、電池で動いているのかが一目瞭然で、

太陽光の力と、電池の力の両方を感じていただける試験走行でした。

 

本当に多くの方からご参加いただき感謝しておりますし、

今後も各地域において、エネルギーの大切さを伝える事業が様々開催されていくことを願っております。

ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

|閲覧数 666
このページの先頭へ戻る