Home » "メンバーブログ" (固定ページ 2)

糸魚川大火支援金街頭募金のご報告

日付:2017.1.16 投稿者:okada.k

糸魚川大火支援金募金

1月15日(日)、イトーヨーカドー丸大様の店頭をお借りして、糸魚川駅北大火災害支援金の街頭募金を行いました。皆さまのおかげをもちまして、限られた時間にもかかわらず、4万700円の善意をお預かりすることができました。誠にありがとうございます。
募金中に「寒くない?」「ご苦労様」と温かいお言葉もいただきました。参加メンバー一同、温かい気持ちになれました。ありがとうございます。
近日中に糸魚川JC様を経由して、被災された皆さまに役立てていただきます。

|閲覧数 130

柏崎市と刈羽村と東京電力ホールディングス㈱へ新年のご挨拶

日付:2017.1.13 投稿者:sakamoto.k

1月13日(金)柏崎市と刈羽村と東京電力ホールディングス㈱へ新年のご挨拶にお伺いしました。

 

 

今年度田邉理事長がかかげる「新生柏崎」と60周年を迎える柏崎青年会議所への想いについて話をさせていただきました。

また、これまでご協力いただいたお礼と共に、本年度も変わらずご協力賜れますようお願いしてまいりました。

お忙しい中貴重なお時間をいただきまして誠にありがとうございました。

|閲覧数 269

(一社)柏崎青年会議所2017年始動!!

日付:2017.1.04 投稿者:mitobe.s

みなさま、新年あけましておめでとうございます。いよいよ、柏崎青年会議所の60周年を迎える2017年がスタートしました。

本日は、毎年かかさず参加させていただいている賀詞交歓会に出席し、日頃お世話になっているみなさまへのご挨拶をさせていただきました。

開会にあたり、柏崎青年会議所のOBでもあります櫻井新市長の素晴らしいご挨拶を聞くこともでき、大変有意義な時間となりました。

賀詞交歓会終了後には、柏崎商工会議所のみなさまへのご挨拶もさせていただきました。西川会頭も柏崎青年会議所のOBであり、日頃よりJC運動にご理解とご協力を賜っております。

2017年の柏崎青年会議所は、「新生柏崎〜継往開来〜60周年の誇りを胸に、未来に向かって妥協なき挑戦を!」というスローガンのもと、一致団結してJC運動に邁進していく所存ですので、みなさま本年もよろしくお願いいたします。

|閲覧数 577

謹賀新年

日付:2017.1.01 投稿者:sohmu

|閲覧数 312

とっても大好き!シニアクラブ交流会!!

日付:2016.11.04 投稿者:kishi.t

こんにちわ。 総務発信委員会 委員 岸です。 私の直属の委員長の品田からの御命令により久しぶりに投稿させていただきます。

11月2日 シニアクラブ交流会をみずち様にて行わさせていただきました。

柏崎JCを御卒業された先輩に2016年度の活動報告も兼ね、先輩方との交流を目的とした貴重な会であります。

 セレモニーから始まり、先輩達にJC活動の悩みや当時の経験談を御聞きすることができ、また会員コミュニケーション委員会さんによるこれまでの柏崎青年会議所の学びを深められる楽しいクイズのアトラクションもあり、おおいに盛り上がりました。

個人的な話になりますが、先輩方の前では緊張してしまい、いつもだれている姿勢がピリッとなります。

普段お会いすらできない先輩方に直接お話しできるというのも、シニアクラブ交流会の醍醐味です。

 

シニアクラブの先輩方との交流を通じて柏崎JC60周年を迎える次年度への思いを新たに感じられることができました。今回の交流会で育んだ気持ちを、残りの今年度事業にぶつけるとともに、次年度以降につなげていきたいと思いました。

~ここからは写真になります~

 JC生活20年。開会前の余裕の表情の田邉次年度! 流石!

 シニアクラブ先輩方の入場~ 和気藹々でなにより!

本会を設えていただいた会員コミニュケーション委員会 丸田委員長! 素晴らしい設営とJC宣言でした!!ありがとうございました!

本年度理事長の山﨑君と シニアクラブ会長の村山様による開会の御挨拶。 身が引き締まります・・・。

クイズ!柏崎JC発見!による次年度三役の共通点は・・・JCI CREED唱和!が言えるw顔が笑ってますw

楽しいアトラクションに会長もご満悦でしたでしょうか!!

正解者の多いチームには山崎理事長から豪華景品を贈呈!

最後は第47代新潟ブロック協議会 会長の植木先輩より大いなる何かを託されたメンバーの安野君。彼ならやってくれると信じておりましたが・・・やはり!

以上 シニアクラブ交流会のご報告でした~

 

|閲覧数 677

西山ふるさと公苑イルミネーション点灯式に参加してきました!

日付:2016.10.29 投稿者:arakawa.m

ご覧いただいた皆様、こんにちは。

10月21日(金)西山ふるさと館様からお誘いをいただきまして、西山ふるさと公苑イルミネーション点灯式「イッルミネーション 光のページェント」に参加してきました。

この事業は、道の駅西山ふるさと公苑の知名度向上と地域に親しまれる施設づくりのために、2015年に引き続き取り組まれたそうです。

どうですか、このイルミネーション。

このイルミネーション、当会に所属する竹内一公君が代表を務める、株式会社 竹内電設様が施工されました。

なんと、昨年の作品は照明・LED機材などの総合メーカー、ジェフコムのイルミネーションコンテスト2015に入賞されたそうです。

いいね!

【イルミネーション実施期間】
10月21日(金)~12月25日(日)の金曜、土曜、日曜、祝日

【点灯時間】
午後5時~午後8時

となっております。

ぜひ、お立ち寄りください。

西山ふるさと館内には、ツリーもあるんです。

あなたは、光の貴公子と会えるかな?

|閲覧数 378

職業講話~第一中学校編~

日付:2016.9.13 投稿者:ueki.y

指導力開発委員会の植木です。

第一中学校にて職業講話をおこないました。

今回はトリマーの坂本啓君、司法書士の伊藤勝史君が講師として講話をしました。

坂本君はトリマーの仕事内容を分かりやすく、そして詳しく話してくれました。

ペットを飼っている生徒さんも多いようで興味をもって聞いてくれました。
犬のカットは大体1時間~2時間かかるそうです。大変な仕事です。

伊藤君は第一中学校のOBということもあり熱く語っていただきました。

      

司法書士は人の想いを受け継ぐ、人生の大事な場面で活躍できる大変やりがいのある仕事と語りました。難しい言葉もたくさんありましたが今後の人生で役立つ話も多く生徒たちも一生懸命メモを取っていました。

|閲覧数 523

西山草生水まつり献上行列に参加してきました!

日付:2016.8.25 投稿者:arakawa.m

皆さん、こんにちは、こんばんは、おはようございます、荒川です。

8月20日(土)、今年も草生水まつり実行委員会様からお誘いをいただきまして、西山草生水まつり献上行列に参加してきました。

共に参加したメンバーは5名。

今年度、「イイネ!かしわざき」をスローガンに掲げ西山のイイネを発掘するため舞い降りた、山﨑理事長!(中央)

エネルギー、スポーツ、子供の笑顔をこよなく愛す頼れる兄貴、米澤さん!(中央右)

地元枠からシードで出場?今回で5回目の参加となりました。私、荒川(中央左)

西山若手筆頭リーダー!今年も枝豆と笑顔をありがとう、安野君!(右)

火にまつわるところには、この男の姿あり。柏崎、刈羽の火の取締役、吉越君!(左)

 

草生水まつりは今年で開催29回目、昭和60年に「草生水まつり」が誕生し、故事になぞらえるかたちで、毎回その情景を演じています。

草生水まつりの名前の由来は、日本書記にあり『越の国から「燃える水、燃える土」が近江の国(現在の滋賀県)大津宮の天智天皇に献上された』という内容の記述があるそうです。

市のHPに詳しく掲載されていましたので、ぜひご覧ください。

http://www.city.kashiwazaki.lg.jp/n_chiki/kanko/event/8/kusozu/matsuri.html

|閲覧数 658

職業講話~第三中学校編~

日付:2016.7.13 投稿者:ueki.y

指導力開発委員会の植木です。

第三中学校にて職業講話をおこなってきました。第三中学校では一クラス一人の講師にておこないました。

約一時間の講話時間でしたので濃密な講話をすることができました。

伊藤君は司法書士ならではの今後の人生で役立つ知識を中心に。

米澤君は積極的に発言する勇気が成長の秘訣。率先して行動することを伝えました。

吉越君は挨拶と返事をしっかとすること!「惰性の継続では力にならない」本気で取り組むことが大事と

生徒たちに伝えました。

|閲覧数 310

北条中学校職業講話

日付:2016.6.29 投稿者:ueki.y

指導力開発委員会 植木です。

6月28日(火)北条中学校にて職業講話をさせていただきました。

講師は伊平泰将君、岡田和久君です。

伊平君は地元中学校での講師ということで気合いが入りパワフルな講演の中にも

「あたりまえ」のことは実はあたりまえでなく感謝するべきことが多い「ありがとう」を大切にということを生徒に伝えて締めくくりました。

岡田君は自身の経験から語られる圧巻の説得力で今後の進路や就職活動のアドバイスを講演しました。

職業を決める為にいろいろな情報や経験が大切なのでこれからの学校生活を大切に過ごしてくださいと生徒たちにエールを送りました。


生徒たちは二人の話に真剣に耳を傾けしっかりと勉強してくれました。

|閲覧数 614
このページの先頭へ戻る