Home » えちゴン » 越後柏崎のPRキャラクター「えちゴン」登場!

越後柏崎のPRキャラクター「えちゴン」登場!

日付:2012.6.09 投稿者:sohmu

柏崎のPRマスコットキャラクターが決定!
越後柏崎のPRキャラクター「えちゴン」! 着ぐるみも完成しイベントに登場!

社団法人柏崎青年会議所では、もっともっとたくさんの人に柏崎の魅力を知ってもらおうと、2012年2月からPRマスコットキャラクターのデザイン公募を行なってまいりました。 そしてこのたび、全国から応募された762点の作品の中から中村恵枝さん(北九州市)の作品が最優秀賞に選ばれました。

名前は越後柏崎にちなんで『えちゴン』。黄色い小鬼のキャラクターです。
三階節の冒頭の歌詞「米山さんから雲が出た いまに夕立が来るやら ピッカラ シャンカラ ドンカラリンと 音がする」の雷から鬼を連想したり、「鯨波鬼穴」の伝説(ただし鬼穴の鬼は赤鬼です)、閻魔堂の地獄絵図など、柏崎には鬼と関連するものがいくつかあります。今回はあえて柏崎のイメージとしては弱い「鬼」のデザインとすることで、市民の皆様が「なんで鬼なの?」と疑問を持つことで柏崎の魅力を再発見していただこうという目論見もあります。

えちゴン(えちゴン 決定デザイン)

【着ぐるみも完成!】
デザインの決定と共に着ぐるみの制作を急ピッチで進めてきました。
6月に柏崎で開催される「えんま市」でお披露目、その後は柏崎の魅力をPRするため市内外のイベントに登場します。

※6月9日、10日に柏崎中央海岸で開催された「第25回全日本ライフセービング種目別選手権大会」の応援に駆けつけました。その様子はこちら
 全日本ライフセービング種目別選手権大会
http://www.kashiwazaki-jc.or.jp/blog_member/circle/2301.html

着ぐるみは柏崎の祭りやイベント、特産品に合わせて、小道具を身につけたりコスチュームが変えられる作りとなっており、柏崎の魅力(鯛茶漬け、水球、ライフセーバー、えんま市、草生水祭り、狐の夜祭り、ぎおん祭り、どんGALA!祭り、綾子舞など)に合わせて、扮装して参加します。

このページの先頭へ戻る