Home » "お知らせ" (固定ページ 7)

【事業報告】教育を語る会

日付:2015.2.22 投稿者:nakamura.h

2月21日(土)文化会館アルフォーレにて「教育を語る会」が開催されました。

教育に携わる方もそうでない方沢山ご参加いただき、盛大な会になりました。

第一部はパネルディスカッション。

柏崎教育センター山田先生を中心に柏崎の子供たちの教育について、熱いディスカッションが行われました。

第二部は地域の活動報告。

参加者の皆様も目を輝かせ、教育の事を皆で考えるというとても良い会でした。

【事業報告】2月公開例会「地域内連携の魅力と可能性」

日付:2015.2.11 投稿者:nakamura.h

2月9日、まちづくりのスペシャリストである木村俊昭氏を講師に迎え入れ、「地域を変えるちからとは何か」ということについて講演していただきました。時にはジョークも入れながら終始楽しく、とても為になる講演でした。

後半はグループディスカッション。

全員参加型の会で、「どうしたらこの町が良くなるのか。」、「自分はこの町の為何が出来るのか。」といったことを各々が考え、発言するというとても良い場でありました。ディスカッションは固くなってはダメでリラックスしながら行うべきという木村先生のお考えの基、お茶を飲み音楽を聴きながらリラックスした雰囲気の中、皆が笑顔で楽しく意見を言い合ってました。

安野委員長も堂々としていてカッコ良かったです!

木村先生。楽しく、とても身になるご講演ありがとうございました。

新年明けましておめでとうございます。

日付:2015.1.09 投稿者:nakamura.h

旧年中の皆様のお力添えに深く感謝申し上げます。

これも、皆様のご支援ご協力の賜物と心より御礼申し上げると共に、

本年も相変わらぬご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

【事業報告】10月公開例会「みんなで考えよう!柏崎の鉄道と未来へのまちづくり」

日付:2014.10.20 投稿者:sohmu

2014年10月16日(木)柏崎エネルギーホールにて、10月公開例会「みんなで考えよう!柏崎の鉄道と未来へのまちづくり」を開催いたしました。
10月公開例会
北陸新幹線開業を間近に控え、交通を通して柏崎をより良くしていく為の取り組みを模索し、将来の柏崎を真剣に考える必要があると考え、今回の事業計画に至りました。

10月公開例会10月公開例会


当日は、事前申し込みのお客様が大変多く、会場内はほぼ満員のお客様で埋め尽くされました。柏崎の鉄道とまちづくりに関して、市民の皆様関心の高さを実感いたしました。

10月公開例会



第1部といたしまして、柏崎青年会議所側からの発表を行いました。
北陸新幹線開業後の予想される影響や他地域の取り組みについて発表をいたしました。
先日新聞等で、新潟と金沢を結ぶ特急が廃止となる旨の発表があり、柏崎を取り巻く交通環境の激変が予想されることや、銚子電気鉄道、和歌山電鐵などの成功取り組みを発表し、市民の皆様や講師の方々と、情報共有を図りました。

10月公開例会



第2部といたしまして、交通評論家・亜細亜大学講師の佐藤 信之様よりご講演いただきました
。地方都市が抱えている問題を現状認識としてご紹介いただき、富山のコンパクトシティ構想の成功事例をご紹介。さらに全国各地の新幹線開業の影響をご紹介いただき、結びとしまして、柏崎に人々が来てもらうためには、地域の文化・歴史などの個性をアピールしていくことの重要性についてお話いただきました。

10月公開例会10月公開例会10月公開例会


第3部といたしまして、佐藤 信之様とともに、柏崎観光協会 専務理事・事務局長 堀 敏昭様、JR東日本旅客鉄道株式会社 柏崎駅駅長 斉木 覚様と共に、「これからの柏崎の地域活性化」と題し、討論を行いました。
「車社会の中、鉄道に目を向け利用促進を図る方策について」「北陸新幹線開業後、外部から人を呼び込むために観光を含めた柏崎のPRについて」「将来柏崎の鉄道とまちづくりの目指すべき方向性」各項目について、回答をいただき、北陸新幹線開業後を積極的に利用するため方策について、様々なご意見を伺うことができました。

10月公開例会10月公開例会


その後、質疑応答では、市民の方より活発な質疑応答が交わされました。

10月公開例会


最後に、委員会所感を発表いたしました。北陸新幹線開業後、柏崎は上越新幹線との懸け橋となり、まちと鉄道が一体となって盛り上げていく必要性や、両新幹線を将来つなぐ構想があり、新潟県内に限らず関西圏との交流活性化にもつながることを発表いたしました。

青年会議所も今回の活動を通じて学んだことをこれで終わりにせず、将来の柏崎の発展のために行動していく所存であります。大勢の皆様からご参加いただきまして、本当にありがとうございました。

【事業報告】8月公開事業 「かしわざき 子どもお仕事体験教室 ~将来の夢を見つけよう!~」

日付:2014.8.27 投稿者:sohmu

8月23日(土)に柏崎市文化会館アルフォーレにて「かしわざき子どもお仕事体験教室~将来の夢を見つけよう~」を開催しました。

当日は晴天にも恵まれ、25の職種、30の体験ブースにて、約460名の子どもたちに仕事を体験してもらうことができました。

  

今回の体験を通じて自分の将来の夢や目標を考える「きっかけ」の1つになればと思います。また、仕事に関して親子で話し合ったり、柏崎での将来を考える一助となれば幸いです。

  

参加いただいた子ども達、また出展して頂いた多くの企業・団体の皆さん、お手伝い頂いたボランティアの皆さん、共催頂きましたかしわざきこども大学の皆さん、大変ありがとうございました。

  

※当日の体験の様子を現在編集中です。今しばらくお待ちください。

【事業報告】7月公開例会「海をきれいにして海を楽しんじゃおう!」

日付:2014.7.08 投稿者:sohmu

7月6日(日)、中央海岸にて7月公開例会「海をきれいにして海を楽しんじゃおう! ~ 海を守り、海を楽しむ。海のまち柏崎の魅力を体験しよう ~」を開催しました。


屋外での例会ということで天候が気になるところでしたが、当日はお天気にも恵まれました。7月6日は柏崎の海水浴場が一斉に海開きということもあり、柏崎港観光交流センター夕海では海開きのイベント、また他団体によるビーチクリーンも開催されておりました。そんな中約100名の方にご参加頂き誠にありがとうございました。

第1部として海岸の清掃を行いました。第2部にてビーチサッカーとビーチフラッグスを行うこともあり、網を使い砂を濾して細かなゴミまで取り除きます。
 
 

そしてお待ちかねの第2部は海を楽しんじゃおう部門です。
2つの班に別れてビーチサッカーとビーチフラッグス競技を交互に両方体験して頂きました。
 

ビーチサッカーは、柏崎のビーチサッカーチーム アクアモルセーゴBSの藤本晴久氏をお迎えし小さなお子様からお父さん世代までまじりあってのビーチサッカー体験をして頂きました。
 
 

そして、もう一方は、柏崎ライフセービングクラブの池谷薫氏をお迎えしビーチフラッグスを体験して頂きました。 ビーチフラッグスは瞬発力だけでなく、人命救助に必要な一瞬の判断力を養う競技だそうです。
 
 

柏崎で生活している私たちにとって非常に身近な海。夏本番を迎えこれから県内外よりたくさんの方が海水浴に訪れます。そんな柏崎の魅力である「海」のまた違った一面をこのイベントをきっかけに体験頂き、より海を好きになり、そしてこのまちがより好きになって頂ければと考えます。

ご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました。

|閲覧数 1,467

【事業報告】6月例会「やる気いっぱい!夢いっぱい!生きる力,を持つ子どもの育て方 ~親・学校・地域がしてあげられる取組み~」 

日付:2014.6.09 投稿者:nakamura.t

2014年6月9日(月)、柏崎市文化会館アルフォーレ マルチホールにて、6月公開例会「やる気いっぱい!夢いっぱい!生きる力,を持つ子どもの育て方 ~親・学校・地域がしてあげられる取組み~」を開催いたしました。

青少年育成委員会としましてはキャリア教育を軸に1年間の活動して参ります。
まず、6月例会では子どもたちに目標をもってもらうために大人の私たちが取り組めることを学ぶ機会として講師に職業体験型テーマパーク KCJ GROUPマーケティング部長の関口陽介氏をお招きしました。

 

第1部としてまして、「今までの青年会議所の取組み」としまして、柏崎青年会議所が続けている「職業講話」についてお話させていただきました。

 

第2部としまして「生きる力を育むキッザニアの取組み」と題してご講演いただきました。
施設の紹介、キッザニアでどのように子どもたちの真剣さを引き出しているか、「子ども騙し」は通じないからホンモノの環境で子どもたちに体験させているなど、私たちも子どもたちと接する時にとても参考になるお話が伺えました。

第3部としまして「子どもに目標をもってもらうキッカケをつくるには」と題してパネルディスカッションを行いました。

 

講師の関口陽介氏、そして「キャリア教育」という言葉が出始めた頃から中学校のキャリア教育活動として「職場体験」等を実施されてきた現・新潟県立柏崎中等教育学校 教頭の田中哲也先生をお招きしました。
子どもたちにどんな環境を作ってあげることが必要か、また日ごろの子どもたちとのコミュニケーションの中で大切にしてほしいこと、また、これからの家庭・学校・地域での取組みについて熱いお話が聞けました。

大勢のみなさんから参加していただきまして、誠にありがとうございました。
青年会議所もこの例会を通じて学んだことに参考に事業に取り組み、柏崎・刈羽地域のために邁進してまいります。

【事業報告】5月例会「柏崎の民謡から歴史文化を学び、郷土愛を育む」

日付:2014.6.08 投稿者:sohmu

2014年5月28日(水)柏崎商工会議所会館 モーリエ2 5階大ホールにて5月例会「柏崎の民謡から歴史文化を学び、郷土愛を育む」を開催いたしました。
柏崎、刈羽地域に住む我々が昔から親しまれ唄い、踊られてきた民謡の歴史文化を学びこの先も市民の心の中にずっとあり続けてほしいという願いの元に例会が企画されました。
また、すでに作詞、作曲活動に入っている柏崎の新民謡についてのプレゼンも行いました。

 

第一部では柏崎民謡保存会会長の赤川イシ子氏を講師としてお招きして、柏崎においてよく踊られている三民謡(柏崎おけさ、柏崎甚句、三階節)の歴史や返し歌を中心に、民謡保存会の取組などについてご講演をいただきました。

第二部では民謡保存会様の生演奏に合わせ三民謡(柏崎おけさ、柏崎甚句、三階節)の練習をしました。
厳しくもあたたかいご指導に参加者も自然と笑顔があふれ、夢中になって三民謡に練習に励みました。

 

青年会議所では、平成17年5月の旧柏崎市、旧西山町、旧高柳町の合併から9年の月日がたった今、新しい柏崎の魅力、そして新しい柏崎の魅力を理解しさらに一体になれるよう新民謡の作成を手掛けております。
第三部では4月より全市に向け歌詞の公募を行なっておりましたので、その作品の発表を行いました。また、柏崎市出身であり現在東京でご活躍のカンケ氏に新民謡の作曲を依頼しており、そのベースとなるサンプル曲の一部を公開いたしました。歌詞とサンプル曲とで新しい民謡に対する期待感が高まりました。

 
 

現在、ふるさと柏崎委員会では新民謡作成を進めており、柏崎民謡保存会様にもご協力をいただき8月の完成披露に向けて歌詞、踊り、歌等の準備を着々と進めております。柏崎市民の皆様より愛していただける新民謡を目指しておりますので乞うご期待ください。

また、会に先立ち新入会員杉田君、長澤君両名にバッジの授与式が行われました。柏崎JCメンバーの一員として豊かな社会づくりに力を尽くしていただきたいと思います。

 

|閲覧数 1,511

【事業報告】4月例会「知ろう!私たちの未来 柏崎の次世代エネルギー産業」 

日付:2014.4.08 投稿者:sohmu

2014年4月4日(金)、柏崎エネルギーホールにて、4月例会「知ろう!私たちの未来 柏崎の次世代エネルギー産業」を開催いたしました。エネルギー・モビリティ委員会が担当したこの例会は、次世代エネルギー産業をテーマに講師といたしまして、中越工業株式会社代表取締役社長 綱島浩様、株式会社アール・ケー・イー代表取締役社長 戸田幸生様、株式会社サイカワ 代表取締役社長 西川正男様をお迎えし、ご講演、そして一問一答をいただきました。

 

第1部では、原子力発電所と柏崎地域の関わりからエネルギーに関連する次世代産業について、当委員会で学んことを発表しました。前半では池田 桂君が原子力発電所停止による影響から、柏崎・刈羽地域の景況感や人口減の現状、さらに原子力立地地域の他県での取組を発表。後半では植木 陽祐君がエネルギーの種類や講師の皆様に関連するエネルギーの内容について発表いたしました。

 

第2部前半では各講師の皆様から、自社製品の紹介と実例についてご講演いただきました。中越工業株式会社様では、小水力発電の事業を展開されております。全国各地での納入実績があり小水力発電にも多くの種類や実例について、ご講演いただきました。

 

株式会社アール・ケー・イー様では木質ペレットの事業を展開されております。柏崎市のバイオマスタウン構想の実現にも寄与されており、循環型社会の構築についてご講演いただきました。

 

 

株式会社サイカワ様では電気自動車関連の事業を展開されております。自社のことだけでなく、柏崎のものづくりの歴史から柏崎の現状の問題点など、幅広い分野にてご講演いただきました。

 

第2部後半では一問一答という形で、「次世代エネルギー産業における現状の動向」「次世代エネルギー産業への可能性と方策」「明るい豊かな未来の柏崎へのメッセージ」について、お話をいただきました。次世代エネルギー産業へお力を注がれていること、過去への取組や想いなど多くの面について教えていただきました。

最後に委員会所感を述べました。原子力発電所の必要性、経済への波及効果の重要性を訴え、原子力エネルギーと共生する次世代エネルギー産業が確立されてもっと雇用が生まれれば、力の強い柏崎になっていき、産業面た交流面での活性化が期待できると強調。そして、将来のエネルギーのまち柏崎発展のために様々な次世代エネルギー産業を認知し、次世代の若者の語りついでいく必要性について述べ締めくくりました。

これからもエネルギー・モビリティ委員会ではエネルギーに関する幅広い知識を身につけていきたいと思います。当日は年度初めのご多忙の所、多くの皆様にご参加いただきまして、ありがとうございました。

また例会開催前に、今年度の前期新入会員の正式入会が承認され、バッヂ授与式をおこないました。新入会員の皆様おめでとうございます。皆様の今後のご活躍をお祈りいたします。

【事業報告】Forum21 3月合同例会・ブロック会長第4エリア公式訪問

日付:2014.3.09 投稿者:arakawa.m

3月4日(火)、Forum21 3月合同例会・ブロック会長第4エリア公式訪問が行われました。


Forum21は見附青年会議所、(一社)栃尾青年会議所、(一社)長岡青年会議所、(一社)小千谷青年会議所、(一社)柏崎青年会議所の5LOMがそれぞれの地域に根付く「まちづくり」という共通の目的について、それぞれが連携を深めて活動し情報を共有することで、それぞれの地域をより活性化し、「まちづくり」を通して豊かな社会の実現をはかる事を目的とし、2014年度で発足より10周年を迎えました。
今年度は5LOMの合同例会を柏崎青年会議所主管のもと開催しました。



そして、例年と同じく今回もブロック会長第4エリア公式訪問も兼ねておりますので、日本青年会議所、北陸信越地区協議会、新潟ブロック協議会の今年度の方向性をあらためて確認していただきました。

また5LOMそれぞれの「まちの魅力」や「2013年度のまちづくり系事業の報告」、「2014年度の計画」をそれぞれプレゼンしあい、まちづくりの情報共有を行ないました。
合同例会の後、5LOMのメンバー同士がより親睦を深められるように交流会もご用意させていただきました。

今回200名近い他LOMの皆様をお迎えし、皆様からご協力をいただきまして無事終えることが出来ました。ありがとうございました。
Forum21の目的である他LOMの方々との情報交換や交流という目的達成はもちろん、この例会を終えてLOM内の結束力や連携が高まったと感じています。


今後も、秋山理事長の「勇往邁進」スローガンのもと、行動をもって柏崎青年会議所を盛り上げていきたいと考えております。

このページの先頭へ戻る