Home » "お知らせ" (固定ページ 9)

【事業報告】4月公開例会『真のリーダーに求められるコミュニケーション術~コミュニケーションスキルアップ講座~』

日付:2013.4.12 投稿者:sohmu

2013年4月11日(木)、柏崎商工会議所大研修室にて、講師に高井千恵子氏を迎え、4月公開例会『真のリーダーに求められるコミュニケーション術~コミュニケーションスキルアップ講座~』を開催しました。

指導力開発委員会が担当したこの例会では、昨今、リーダーに必要とされている「コミュニケーション能力」に注目しました。

コミュニケーション能力を高め、「自分自身を相手に知ってもらう事」や「相手を知る事」、個人との心の通ったコミュニケーションを取れるようになる事で、組織からの「信頼」を得て、「理想」とされ「目標」とされる様なリーダーになる事を目的とし、企画されました。

   

委員会メンバーによるセレモニー、理事長挨拶に続き、横田委員長の委員長趣旨説明。一般のお客様も大勢ご参加いただきました。横田委員長の熱い想いが伝わったに違いありません!

自分自身を相手に知ってもらうには、まずは己を知る!ということで、自らの長所、短所をリーダーシップの観点から分析しました。皆、真剣です!

 

コミュニケーションということで、実践です。互いに自己について話し、互いに拝聴。自己紹介ならぬ他己紹介ができるよう、しっかりと相手の話に耳を傾けました

2時間のセミナーでしたが、あっという間でした。高井講師大変有意義なセミナーをありがとうございました。

最後になりましたが、ご多忙中ご参加いただきました、一般参加の皆さま、誠にありがとうございました。今後も柏崎青年会議所は様々な活動を行って参ります。今後ともよろしくお願いします。ご期待下さい!

【事業報告】Forum21合同例会(3月例会)

日付:2013.3.06 投稿者:sohmu

2013年3月5日(火)、(社)小千谷青年会議所、(社)長岡青年会議所、(社)栃尾青年会議所、見附青年会議所、(一社)柏崎青年会議所の5LOM合同例会が小千谷青年会議所主管のもと開催されました。

 

Forum21会長挨拶を(社)小千谷青年会議所理事長 糸井一紀君よりいただき、Forum21役員となる各LOM理事長紹介がありました。

その後は、公益社団法人日本青年会議所北陸信越地区新潟ブロック協議会 会長第4エリア公式訪問として、ブロック会長挨拶並びに役員紹介、公益社団法人日本青年会議所 事業紹介、北陸信越地区 事業説明、新潟ブロック協議会 各委員会・事務局 事業説明がおこなわれました。

 

司会は財政局長 田中有人君、ブロック会長 植木盛久君からはブロック会長挨拶、日本青年会議所 事業紹介がありました。

今年はForum21の発足から10年を迎える記念すべき年であり、各青年会議所の街づくりに関する事業の紹介VTRがながされました。

5LOMがお互いの連携を深めることで情報を共有し、それぞれの地域をより活性化させるため発足した「Forum21」を今一度見つめなおし同会への理解や関心を高め、共に明るい豊かな社会の創造を目指す機会となりました。

 

セレモニー、監事講評は、柏崎JCより秋山副理事長、高橋監事が担当しました。お疲れ様でした。

【事業報告】2月例会「温故知新 ~原子力徹底討論~」

日付:2013.2.09 投稿者:sohmu

2013年2月8日(金)、柏崎エネルギーホールにて、2月例会「温故知新~原子力徹底討論会~」を開催しました。
環境エネルギー委員会が担当したこの例会は、東日本大震災以後、国論を二分するエネルギー問題、とりわけ柏崎・刈羽地域  が避けて通れない「原子力発電」についての基本的な理解を深める ことを目的に、OBの第37代理事長品田宏夫先輩、第47代理事長阿部尚義先輩を講師にお迎えし、開会しました。

 

環境エネルギー委員長竹内一公君の趣旨説明に続き、第1部として、柏崎・刈羽と原子力発電所の関わりを振り返り、推進決議を行った当時の柏崎青年会議所を取り巻く状況、また柏崎青年会議所が果たしてきた役割について詳しく発表されました。

 

第2部として、品田先輩、阿部先輩、そして吉原理事長をパネリストに迎え、パネルディスカッションを行いました。3名のパネリストそれぞれの主張は、柏崎・刈羽と原子力発電所の関係にとどまらず、資源に乏しい我が国にとって避けては通れないエネルギー問題という広い視点から、責任ある判断をしていかなければならないと青年会議所メンバーに改めて考えさせるものでした。

  

最後に第3部として、JCの先輩として、エネルギーの街である柏崎刈羽地域の今後や、外部からみた柏崎青年会議所に求められている力について講演をいただきました。

推進団体として活動をしてきた柏崎青年会議所は、全国数ある青年会議所の中でも他にないエネルギー系委員会を設け、活動を続けてきました。今の時代だからこそ、我々メンバーがしっかりと知り、考え、各々が立場を踏まえた自由な意見を主張する意思と環境を持つことの必要性を感じた例会となりました。

【事業報告】2013年度新年総会・祝賀会

日付:2013.1.24 投稿者:sohmu

2013年1月23日に岬ひとひら様にて、新年総会並びに新年祝賀会が開催されました。

   

吉原理事長の挨拶の後、会田柏崎市長、品田刈羽村長、西川柏崎商工会議所会頭からご祝辞を賜り、鏡開き、シニアクラブ桜井会長から乾杯のご発声をいただき、無事、吉原丸の出航となりました。

歓談をはさみ、植木ブロック会長を初めとするブロック役員、また出向者の紹介、また、7名の新入会員の紹介がありました。

  

中締めでは、時代をさかのぼり、前回ブロック会長として柏崎から輩出されました、西川会頭と当時のブロック役員、柏崎JCの理事会メンバーから当時を振り返りひとことずつ当時のエピソードを話していただきました。最後に、吉原理事長と植木ブロック会長にエールをいただいてのシニアクラブ井比様よりの中締めとなりました。

 

最後になりましたが、年始のご多忙中にも関わらずお越し下さいましたご来賓、シニアクラブ、2012年度卒業生の方々にこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

新年のご挨拶

日付:2013.1.01 投稿者:sohmu

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は皆様から多大なるお力添えをいただき、改めて感謝申し上げます。
今年度は吉原昭法理事長の「実践躬行」のスローガンのもと、様々な事業を展開して参ります。
本年度もどうぞよろしくお願いいたします。

|閲覧数 1,192

卒業式&忘年パーティー

日付:2012.12.08 投稿者:sohmu

12月6日(木)メトロポリタン松島様にて、2012年度の最後の例会として卒業式が執り行われました。
今年は13名の先輩が卒業されました。理事長より一人ずつ感謝状が読み上げられ、これまでの歩みを振り返ると、卒業生の残した功績はあまりに大きく、改めて感謝の思いをかみしめました。

 

 

卒業生にとっての最後のセレモニー きっと万感の思いに違いありません!

最後に卒業生を代表し、小田剛志君より挨拶をいただきました。しみじみとJC生活を振り返るスピーチでした。

卒業式の後は、忘年パーティーとなりました。今年度を振り返り、卒業生を囲み、お互いの労をねぎらいました。

プレジデンシャルリースが桑山理事長から吉原次年度理事長予定者に引き継がれました。
歌代直前からつながるのはまさに「絆」です。

 

リースを身につけ、次年度への想いを語る吉原次年度、そして、理事長として最後の挨拶となる桑山理事長。

 

さらに、最後の監事講評となる髙橋武監事。私たちはその想いをしっかりと引き継がなくてはなりません。

皆さま、今年1年間大変お疲れ様でした。でも、次年度もすぐそこまで迫っています!頑張りましょう!

|閲覧数 1,862

衆院選新潟2区公開討論会を開催しました

日付:2012.12.03 投稿者:sohmu

平成24年12月3日(月)19:00より、柏崎市民プラザ2F波のホールにて3名のパネリストをお招きし、衆議院議員選挙新潟県第二選挙区公開討論会を開催いたしました。

当日は師走で何かとお忙しいところ、約250名の方々に参加していただけました。心より感謝申し上げます。
参加された方は皆真剣な表情で、来る衆院選にむけて立候補予定者の声に耳を傾けていらっしゃいました。

来場の皆さまには、6つのテーマから、聞きたいテーマを3つ選んでいただき、上位4つのテーマを選ばせていただきました。

1.エネルギー政策について
2.経済・金融対策について
3.外交・安全保障政策について
4.年金・医療・介護などの社会保障対策について

 

以上、どれも重要なテーマで、パネリストは真剣に持論を展開されました。この討論会が参加された方々の判断材料の一つになれば幸いです。

閉会の前に新発田より下村新潟ブロック協議会会長より「e-みらせん」について説明をいただきました。遠路ご足労ありがとうございました。

http://www.e-mirasen.jp/

こちらもみなさんぜひご覧下さい。

 

 

最後になりましたが、コーディネーターをつとめていただきました、新潟工科大学 判澤教授、かしわざき男女共同参画推進市民会議 本間委員、またパネリストの皆さまに改めて感謝申し上げます。

 

 

 

|閲覧数 1,565

衆院選新潟2区公開討論会

日付:2012.11.29 投稿者:sohmu

 

3名のパネリストをお招きし、衆議院議員選挙新潟県第二選挙区公開討論会を開催いたします。入場は無料です。

多くの皆さまのお越しをお待ちしております。

日時   平成24年12月3日(月) 19:00~21:00 (開場 18:30)

場所   柏崎市民プラザ2F 波のホール

       新潟県柏崎市東本町1-3-24  TEL 0257-20-7500

ご不明な点などございましたら、当青年会議所までお問い合わせください。

 

 

 

11月例会を開催しました

日付:2012.11.07 投稿者:sohmu

11月6日に卒業生スピーチ・卒業生塾として11月例会が行われました。

卒業式、忘年パーティーを除いては今年最後の例会でした。

  

  

セレモニーも卒業生から行っていただきました。

  

第1部は卒業生スピーチです。

止むを得ない事情で、急遽欠席される卒業生もおりましたが、10名の卒業生からこれまでのJCでの経験談や柏崎JCへの想い、そして現役メンバーへのメッセージをいただきました。現役メンバーは今後のJC活動に生かせる何かを得たのではないでしょうか。

  

  

  

そして第2部は卒業生塾として、卒業生にJCに入会して良かったこと、辛かったこと、楽しかったことなどメンバーそれぞれが質問しながら、交流を図りました。ここでも卒業生から多くの事を教えていただきました。

卒業生からはまだまだ教わることがたくさんあります。JCライフも残り少なくなりましたが、柏崎青年会議所のため、またわれわれ現役メンバーのために最後までご指導くださいますようよろしくお願い致します。

 

 

 

10月例会を開催しました

日付:2012.10.05 投稿者:sohmu

10月4日 10月例会が開催されました。
青年会議所メンバーの方はご存じの事ですが、「例会」には会議所会員以外の方も一緒に参加して頂いて開催する「公開型例会」と、会員のみで開催する「LOM例会」と2種類あります。
※LOM(Local Organization Member)とは各地青年会議所の組織(単位)を指します。

10月例会は「JAYCEE研修セミナー」と題したLOM例会です。
※「JC」は(Junior Chamber)=青年会議所  「Jaycee」=青年会議所会員

 例会運営担当は「メンバーシップアカデミー委員会」です。
この委員会は会員拡大(新規の会員を募集)と、新しく入会した会員のオリエンテーションを担当する委員会です。
柏崎JCでは、毎年1月に入会する「前期新入会員」と、7月に入会する「後期新入会員」の新人会員がいます。
この新人会員が「一人前のJaycee」になるよう、JCの基本知識やルールを学ぶための委員会でもあります。

   

  

  

柏崎JCでは、入会してから3ヶ月間は「仮会員」扱いとなり、その間に開催される例会や各種事業に参加し、少しずつJC活動について理解を深め、正会員の証である「JCバッチ」と「ネームプレート」を受け取り、正会員となるシステムです。10月例会は、7月に入会した後期新入会員が正会員として認められ、「JCバッチ」と「ネームプレート」を理事長から授与される日でもあります。

  

この日は4名が正会員として新たな仲間が加わりました。
(写真(左)では3名です。1名は社会人水球チーム、ブルボンウォーターポロクラブ柏崎のスタッフとして日本選手権に遠征中で欠席です。)

バッチ授与式の後は、例会の主事業である「JAYCEE研修セミナー」です。
今回の事業主旨は、「新入会員教育の集大成」であると同時に、メンバー全員で「JC活動について」原点に立ち返り、意識改革をする事です。

開催にあたり一番悩んだことは「講師」です。
委員会メンバーが講師になって行うには、あまりにも経験年数の少ないメンバー。(新入会員が多くいる委員会ですからね・・・)
とても講師として物申すような事はできません。
そこで、柏崎JCから『公益社団法人 日本青年会議所(本会)』の「LOMサービス実践委員会」に出向しているメンバーに相談したところ、そういう事を実施したいLOMに提供できるプログラムが日本JCにあると言うではありませんか。
さすが、日本全国701あるLOMを統括する組織です。
早速、諸手続を経て申請したところ、素晴らしいトレーナーの方々を送って下さいました。

ヘッドトレーナーの小山 大志 君(十日町JC(新潟県))
JC活動に対して真摯に向き合い、何事にも積極的に挑戦するナイスガイ!でした。

  

アシスタントトレーナーとして
小室 廣子 君(東京JC(東京都))
和田 真規子 君(東大和JC(東京都))
お二人ともとても綺麗な方で、柏崎JCのためにお仕事を休んで東京から駆けつけてくれました!
(柏崎までの交通費は自費負担ですよ。本当に感謝です。)

  

そしてもう一人アシスタントトレーナー
髙橋 武 君(柏崎JC)
そうです。私たちのLOMから日本JCに出向して、現在トレーナー資格を取得中の我が監事です。
(2010年度理事長にして、昨年は新潟ブロック協議会の監査担当役員を務め、今年は卒業年なのに日本JC本会に出向して柏崎JCのためにトレーナーになる!と、どこまでも向上心の尽きない尊敬するメンバーです。)

  

ちなみに、トレーナー資格は、JC会員なら誰でも目指せるそうです。
但し、資格取得するまでに25回のプログラム開催に参加しなければならず、取得を目指す方々は全国各地で開催されている例会またはプログラム開催事業に参加して、トレーナー技術を磨いているそうです。
(その際の移動交通費は全て自己負担。本当に頭が下がります・・・。)

なので、すでにトレーナー資格を持っている方や、取得中の方などと話をさせてもらうと、JC活動の理解度というか、情熱がもの凄く伝わってきます。

そんな熱きJAYCEEの方々から、よくよく話を聞くと「公益社団法人 日本青年会議所」は全国の青年会議所がより良いJC活動を行えるように、各種支援プログラムが用意されている事を知りました。
例えば、コミュニケーション能力を向上させるプログラムや、判断力を向上させるプログラム等、LOMとしてメンバーの能力を向上させたいという時には、本当に支えとなるプログラムです。

柏崎JCは数あるプログラムの中から、最も主旨に則した「VMV(Vision mission & Values)プログラム」を選択し実施致しました。

このプログラムでは、JCが何をするところか良く考え、JCIの目的やJCIクリードの理解を通じて、JCが目指す未来、JCでやるべき事、そしてその運動の価値等について考え、自分達の運動の方向性を探る事を目的としています。

  

  

約2時間のセミナーでしたが、メンバーひとり一人が、JCの基本知識の習得はもちろん、自分の中にある「目的」・「使命」・「価値観」と、柏崎JCとしての「目的」・「使命」・「価値観」を理解し、それを融合させ、またメンバー全員で共有し、次なるステップへ歩みだせたのではないでしょうか。

終わりに、青年会議所は「明るい豊かな社会を築く」ことを目的とした団体です。
そして、「積極的な変革」を創造し開拓するために、能動的に活動できる「機会を提供する」ことを使命とした団体です。
会員は個々の人格の形成に「修練」し、社会への「奉仕」は人生最善の仕事と捉え、世界との「友情」を育む事に努力します。
そして地域の方々に「価値ある団体」と思っていただけるよう、これかも活動をしていきたいと思います。

このページの先頭へ戻る